Menu

人気のトランクルーム

メンズ

イニシャルコストが低い

物流で使われるコンテナは倉庫として活用されるようになり、日本各地で人気になっています。特に都市部において狭小住宅に住む人たちは、常時使用しない季節物を中心にトランクルームと呼ばれるコンテナに物を置いておく動きが増えています。以前から荷物の預かりサービスはありましたが、販売価格が安くて管理コストも安くすることができるコンテナを使うことにより遊休地を持っている企業や個人がイニシャルコストをかけずにトランクルームを起業することができます。イニシャルコストがかかっていないことから利用者が支払うコストも低く抑えることができるため、利用する人の数や頻度が増えていて年々コンテナを使ったトランクルームの数が増えています。準備するにはコンテナを購入することになりますが、購入するコンテナは必ずしも新品である必要はなく中古コンテナも販売されています。中古コンテナ販売を行っている業者は、まとめてコンテナを購入しているので同じタイプのものを多く所有しています。もともとコンテナは大きさの規格が決められているため、その規格に従って敷地のレイアウトをすることができ、バラバラのものを使うことにはならないため、実際に配置したときに不具合が発生することはほとんどありません。近年では運搬を主としたものではなく、倉庫や物置を主の目的としたものも販売されていて、シャッター付きのものもあり、多彩なタイプを選ぶことができるようになっています。