Menu

自社倉庫と比較してみる

倉庫

利用する目的とメリット

自社倉庫と比較した貸し倉庫のメリットは初期費用を抑制できることにあり、新規の事業展開のときに少ない資金でスタートできるのが特徴です。初期投資には高額な費用がかかるのが普通で、事業ローンで十分な借入ができるとは限りません。またローンの審査は希望額を圧縮するほど通過しやすいため、そのためにも借入金はなるべく減らすのが好ましいです。気軽に工場移転ができるのも貸し倉庫のメリットで、将来的に移転の可能性が大きいと考えられるなら貸し倉庫にするのが好ましいと言えます。大切なのは5年後、10年後といった将来も踏まえた上で、自社倉庫にするか貸し倉庫にするか決定することでしょう。最近は貸し倉庫の需要が急速に拡大しており、利用者が増えていることを示しています。トランクルームとレンタルスペースという言葉がよく聞かれるようになったのも、大手法人の活用が増えてきたことが要因です。貸し倉庫選びでポイントとなるのは費用と広さ、立地などで、費用対効果と利便性をよく考える必要があります。運搬のしやすさ、セキュリティ性なども考慮し、実際の使用シーンを想定して選ぶことが大切です。貸し倉庫の用途は物品の保管が多く、それ以外では車内設備を最小限にしたコストカットやコンパクト運営を目的にしたものが多いです。自社倉庫だと倉庫自体の維持管理も自社が行うことになり、維持費用も無視できません。倉庫設置のために借入金を増やすと審査の難易度が上がりますし、毎月のローン返済額が大きくなる問題もあります。貸し倉庫選びでは経営を圧迫しない価格帯を明確にしておくことも必要になるでしょう。